不動産の部屋探しのコツ

リフォーム時の仮住まいの選び方

リフォームするとなると仮住まいになる場合があります。全体的に改修する場合はどうしても自宅を空けないといけません。その際には仮住まいになりますのでまずはどれくらい工事期間がかかるのかを把握するべきです。それによって対応は変わってくると言えます。短期間であればウィークリーマンションやホテル住まいということも良いと言えます。また1か月や2か月という短期間であれば普通の賃貸の場合は貸し主から嫌がられるということは多いです。やはり長期の借り手に貸したいというのが本音ですので普通の賃貸は難しいと考えて下さい。

普通の賃貸を仮住まいにする場合は大体ですが半年以上住むという場合が該当すると思います。そのくらい仮住まいを余儀なくされるという場合は大丈夫でしょう。ただそれでも貸し主によっては難色を示す場合もありますので事情は話しておいた方が良いでしょう。お互いに納得した形になれば一番良いですのでそこは話し合いが重要です。またペットがいるという場合はやや厄介な話になります。ペット可という賃貸はそれ程多くありませんので入居できないという場合が多いです。特に短期的な仮住まいの場合は連れて行くのは難しいですし、ペット可のところは費用が高くつきます。その場合は誰かに預けるかペットだけどこかに預けるかという形になってしまうでしょう。

関連リンク